ICL手術体験談

ICL手術の口コミ・評判は?実際の見え方を体験者が詳細解説!

ICL(眼内永久コンタクトレンズ、フェイキックIOL)に興味があるけど、実際に手術した人が周りにいなくて・・ICL経験者の口コミ・評判はどんな感じなの?

こんな疑問にお答えします。

  • 本記事の内容
  • ICLの口コミ・評判を全50件紹介
  • 手術経験者の私が1つ1つを解説

よくある口コミ・評判からマイナーな意見まで、網羅的に掲載しました。

また、これらの口コミ・評判に対して、私自身の手術体験も合わせて解説しています。

この記事を読めば、ICL手術で起こりうるケースのほぼ全てを把握できるはずです。

ICLの口コミ・評判:手術中

まずは手術中に関する口コミ・評判を紹介します。

「手術は痛くない」という意見が多数

ICL手術は痛そうなイメージがありますが、実際は「痛くなかった」という口コミが大多数です↓

私の場合も、手術を受けた「品川近視クリニック」では何十分もかけて点眼麻酔をされまくったので、痛みはありませんでした。

痛くはないが、触られている圧は感じる

痛みはないけれども「触られてる」「押されてる」と感じたという口コミが多いです↓

私もまさにこのパターンで「痛くはないけど、押されている感覚がかなり不快」でした。

(ただ、実際に目をイジられている時間は3分程度なので、何とか我慢できる不快レベルでした。)

この不快感は、いくら麻酔が効いていても、ほとんどの人が感じているようです。

この押されている感を「痛み」と解釈する人も多少はいると思います。

一部の「ICL手術は痛かった」という口コミはこのような理由だと思われます。

歯医者よりは辛くない

痛くはない不快な感覚を「歯医者よりは辛くない」と感じた方も多いようです↓

これは私も全く同感です。

私は矯正と親知らずで合計8本抜歯経験があるのですが、手術中はまさに「抜歯よりもICLの方がマシだな・・」と考えていました。

※余談ですが、2人目の方のツイート中にある「クーポン」はこちらから受け取れます

手術前後の消毒がしみる

一部ですが、消毒が染みたという口コミも見られました↓

私の場合、消毒は特には染みませんでした。

ICLの口コミ・評判:手術直後

手術直後に関する口コミ・評判を紹介します。

麻酔が切れると目に鈍痛がする

手術当日の夜に、麻酔が切れて目に鈍痛を感じた、という口コミが見られます↓

術後に頭痛が発生する場合がある

レンズを入れ込んだ直後は、眼圧が上がって頭痛が発生した、という口コミが一部見られます↓

術後に吐き気を催す場合がある

手術当日〜翌日に吐き気を催した、という口コミも一部見られます↓

調べたところ、感染症防止に処方される抗生物質が原因のようです。

目の鈍痛・頭痛・吐き気が全くない人もいる

逆に、術後に不都合は特になかった、という口コミも一定数見られます↓

私の場合も、目の鈍痛・頭痛・吐き気、いずれもありませんでした。

(痛くなるのが嫌だったので、処方された痛み止めはちゃんと飲んでいました。吐き気止めは吐き気が来なかったので飲みませんでした。)

ICLの口コミ・評判:術後の見え方・経過

術後の見え方や経過に関する口コミ・評判を紹介します。

翌朝起きて目が見えることに感動する

ICL手術を受けた人の全員がこの感想をお持ちです↓

これは本当に感動しましたね。

(私の場合、術後の霞みがかった感じなくなって、完全にクリアに見えるまでには2日かかりましたが。)

ドライアイやコンタクトの不調が解消する

ドライアイやコンタクトの不調が解消して快適になった、という口コミが非常に多いです↓

夜勤が楽になったという方や↓

旅行やアウトドアが快適になった方など↓

私自身も、夕方以降のドライアイがなくなりましたし、とっさの仮眠の後や、飛行機や新幹線で寝た後にコンタクトの不快感がなくなったのが本当に快適になりました。

(細かいシーンだと他にも、友人と宅飲みするとき、海やプールで遊ぶとき、衛生面が良くない国をバックパッカーするときなどなど、快適さを感じるタイミングは随所にあります。)

出産・子育てのときに圧倒的に楽

乳幼児のお子さんがいらっしゃる方の、夜中の対応や寝かしつけなどのシーンで、ICLの楽さを特に実感しているという口コミが多く見られました↓

子育てが始まる前にICL手術を受けておけば良かった、という声も多数見られます↓

私自身、この口コミを読んで「子供ができる前に手術しておいて本当に良かった」と痛感しました。

将来的に子育てをする予定のある方は、今のうちにICLを受けておくのは賢い選択かもしれません。

ハロ・グレアや光の輪は、徐々に気にならなくなる

ICL経験者は、レーシック経験者よりもハロ・グレアで悩んでいる人が明らかに少ない印象で、徐々に気にならなくなるという口コミが大半です。

ただ、手術直後は苦労する方も多いようです↓

ですが、1ヶ月も経つと気にならなくなります↓

他の方も「気にならなくなった」という同様の口コミが大半です↓

光の輪に関しても同様↓

私の場合も、ハロ・グレアや光の輪は、2〜3ヶ月で全く気にならなくなりました。

もし仮に現在も気になっていたとしても、個人的には快適な裸眼生活に比べれば0に等しいデメリットですね。

私と同様の意見は多く見られます↓

とはいえ、ハロ・グレアや光の輪にポジティブでない口コミも一部ありますので紹介します↓

※こちらの方はICL手術をしてからまもない(2週間後)のツイート

ハロ・グレアと光の輪に関しては、見え方に個人差があるので、なるべく多くの方の口コミを掲載しました。

私個人の意見としては、見え方はほとんど気にならないし、快適な裸眼生活のメリットの方が遥かに上です。

メガネでレンズが曇ったりフレームが視界にチラついたり、コンタクトで異物感やドライアイを感じる方がよっぽどデメリットだった、と感じます。

発光体が二重に見える場合がある

発光体が二重に見える、という口コミが一部見られました↓

この発光体が二重に見える現象、実は私も見えます。

が、二重はうっすらとしか見えないのと、視界の端にあるので、ほとんど気になりません。

(どこを見るでもなくボーッとしているときに、ふと見えるイメージです。)

例えるなら、遠くを見ているときに、手前の物体が視界の端で二重に見えているあの感覚に近いです。

視力が出すぎると目が疲れやすくなる

視力が出すぎると(1.5〜2.0)、手元を見続けたときに目が疲れる、という口コミが見られます↓

逆に、ICLにしたことで目の疲れがなくなった、という口コミもあります↓

私の場合、どちらの口コミにも当てはまっています。

つまり、手元を見続ける作業はICL後の方がやや疲れやすくなったのですが、ドライアイなどの物理的な目の不調に関しては、ICL後の方が圧倒的に楽になりました。

(目の疲れに関しては、コンタクトの頃からかけていた度なしのブルーライト眼鏡に、やや遠視を入れることで解決できました。)

目が疲れるという口コミに共通しているのは、視力が出すぎていることです。

ですので「せっかくICL手術をするなら2.0まで見えるようになりたいな」といった過剰な望みはおすすめしません。

ICLの口コミ・評判:まとめ

口コミ・評判をまとめると以下の通りです。

【手術中】

  • 手術中手術は痛くない
  • 痛くはないが、触られている圧は感じる
  • 歯医者よりは辛くない
  • 手術前後の消毒がしみる

【手術直後】

  • 麻酔が切れると目に鈍痛がする
  • 頭痛が発生する場合がある
  • 吐き気を催す場合がある
  • 目の鈍痛・頭痛・吐き気が全くない人もいる

【術後の見え方・経過】

  • 翌朝起きて目が見えることに感動する
  • ドライアイやコンタクトの不調が解消する
  • 出産・子育てのときに圧倒的に楽
  • ハロ・グレアや光の輪は徐々に気にならなくなる
  • 発光体が二重に見える場合がある
  • 視力が出すぎると目が疲れやすくなる

ICL手術で起こりうるケースは、ほとんど把握いただけたかと思います。

手術体験や術後の経過をもっと詳細に知りたい方は、こちらの記事をご覧ください↓

https://try-icl.com/shinagawa-lasik

具体的に眼科・クリニック選びを始めたい方は、こちらの記事を参考にしてください↓

https://try-icl.com/recommend-clinic

-ICL手術体験談

© 2022 ICL徹底解説